僕達のなかなか直らない癖や行動。
ママやパパが毎日がみがみ叱るんだ。
でもね僕達どうして子かられてるのかよく分かってないんだよね。
 
 
 
★穴掘りしてもよい場所を作る
ダックスはもともとアナグマ狩りのための猟犬として作出された犬種です。
そのため、穴を掘る習性は一般家庭で暮らす現在でも残っています。
本能的なものなのでむりに直そうとはせず、庭で穴掘りできる場所を提供してあげたほうがいいでしょう。
庭がない場合は、散歩コースの途中で誰にも迷惑がかからない場所を探して、そこを掘らせましょう。もちろん後始末も忘れずに。

★いたずらされてもよいものを与える
いたずられてもいいものを置いておくのも1つの手段です。
おもちゃガム、古い布切れやタオルなど、犬が好きにしていい物を用意して、それで遊ばせておくといいでしょう。

★いたずらされるものは置かない
いたずらされたくないものは犬のいる部屋には置かないのがいちばんです。
家具など動かせないものの場合は、市販の防止グッズ(ビタースプレー)などをかけておくと効果 的です。


★何で吠えているのか原因をつきとめよう

◎退屈して吠える
退屈な状態のときでも犬は吠えます。
その場合、吠える一方でものをかじったり、穴を掘るようなしぐさを見せることがあります。
また、吠える相手がはっきりしないのも特徴です。

◎かまってほしくて吠える
何も変わったことが起きていないのに、飼い主の気を引きたくて吠えることもあります。
ただやみくもに叱るのではなく、注意深く観察してなぜ吠えているのか原因をさぐりましょう。

◎興奮して吠える
散歩のときや遊んでいるときに、興奮のあまり吠えることがあります。
このとき、興奮して手に負えなくなることもあり、体罰を与えてもかえって興奮を助長する結果 となります。

◎威嚇して吠える
警戒からエスカレートすると、威嚇のために吠えるようになります。
この場合は、吠える対象がはっきりしていることが多く、わりと飼い主にも原因が分かりやすいでしょう。

◎警戒して吠える
散歩の途中で見慣れないものを見かけると吠えるのは、警戒しているときで、飼い主を守ろうとするごく自然の行動の表れです。
雷や花火にびっくりして吠えることもあります。


対処法1 ☆天罰と思わせる
犬に見えないようにして、水鉄砲で水をかけたり、空き缶 (中に石ころを入れておくとより効果的)を投げてその音にびっくりさせる、いわゆる「天罰方式」が効果 的な場合もあります。

対処法2 ☆状況に慣れさせる
車や雷、玄関のチャイムなどの音に反応して吠える場合は、その音をテープに録音して、くり返し聞かせるようにします。徐々に音を大きくし、慣れてきて吠えなくなったらOKです。

対処法3 ☆得るものをなくそう
郵便配達の人など不定期にくる人に吠える場合は、吠えやむまで待ってもらいましょう。吠えても帰らないことを犬にわからせるためです。何度かくり返せばやめるようになります。