おすわりやマテを覚えよう!
ごはんの時に練習すると効果的だよ!
根気よく教えてね!
 
 

食事は毎日決められた場所で同じ時間にあげるようにします。与える内容も基本的には同じものを。
催促されたからといって、早い時間に与えると、要求すれば何でもいう事を聞いてくれると思いわがままになってしまうので注意。
また、人間が食事を取っている間も、犬がねだりにきてもテーブルのものを与えないようにします。

子犬は食べている途中に遊び出すという事もあります。
遊びはじめたらその場で食器を片付け、一定の時間内で食べ終えなければ下げられてしまう事を教えましょう。

 
「スワレ」のかけ声と共に食器を犬の顔より上にかかげるように持つ。犬は上を向き、自然に腰を落としてスワレの姿勢になる。
 
スワレの姿勢にならない時は、後ろ足をたたむようにして座らせる。ちなみにダックスは短足なので、あまり綺麗な姿勢では座れません。 
 

食事を利用しておすわりとセットで教えましょう。
マテは必ずおすわりした体制で使うので、まずおすわりをマスターしなければ役に立たない事も覚えおきましょう。

最初から長々と待たせては犬も飽きてしまいます。
初めはできるだけ時間を短くし、めいいっぱい誉めてあげるようにしましょう。
それから徐々に時間を長くするようにします。

マテは食事のとき以外でも必要となるシチュエーションが多いので、できるだけマスターしておく方が良いでしょう。

 
呼んでスワレをさせた後、アイコンタクトをしたまま手を犬の顔の前にかざし、はっきりとした口調でマテの命令を出す。
 

きちんと待てたら必ず誉めてあげましょう。もし待てずに食べようとしたら食器を取り上げるようにします。待てるようになったら時間を少しづつのばします。


マテが出来たら「ヨシ」の合図と共に食べさせます。あとは食事以外の場面 でもこれらのコマンドができる様に何度も繰り返します。