お散歩大好きな僕達だけどそこにも
注意しないといけない事があるんだ!
足が短いから他のワンコとは違うの!
 
 
靴を履いて直に歩かない私達。地面 から離れているのに跳ね返りの熱気にはとてもきつく人間でも体力を奪われるほどです。
ダックスは足が短く、他の犬種よりももっとお腹が地面に近いです。
その分夏の太陽から跳ね返る地面の熱の影響をもろに受けやすくなっているということです。
ダックスの素ごとでもある狩りではコンクリートの上を歩いたり走ったりする事はまずありえません。
土や原っぱの上はコンクリートとは違い熱を発散し、水分も多く含んでいるためにさほど熱を反射させる事はありません。
しかし現在は全くぎゃくで、散歩といえば殆どの場合が家の周りのコンクリート道を歩き、時に草むらや土の道を通 るといった感じでしょう。
そういった中で気をつけるべき点があるので覚えておきましょう!
 
飼い主の手の平で地面に触れ暑いと感じたら時間をずらす
まず、軽くふれた時点であついようなら少し時間をずらした方がいいでしょう。
人間の感覚で生温い温度でもダックスにとっては影響を及ぼす温度である場合もあります。

夏場の散歩は夕方日が落ちてからが最適
夏は比嘉落ちる時間が遅く夕方5時頃でも外は明るく、地面 の温度もまだまだ高いです。
日が落ちたからといっても油断は禁物!再度温度のチェックから始めましょう。

散歩から帰ったらたっぷりと新鮮なお水を
人間も暑い夏にはのどが乾きます。得に一生懸命歩いたり走ったりしたあとはなおさら。
犬も同じなので、散歩から帰ったら新鮮なお水を十分に与えてあげて下さい。

ブラック系のダックスに得に言えることですが、体を触ってみて下さい。
びっくりするほど熱くなっていることがありませんか?そういう時は冷たいお水でひやしたタオルを体にかぶせ
お散歩後のケアをしてあげて下さい。上昇した体温を程よく低下させる方法で、犬も気持ちよくそのまま寝てしまう
ことすらあります(笑)