複数台チェックする


カメラ欲しい機種のカメラが決まったら、カメラを1つだけチェックするのではなく、複数台を比べてみましょう。査定と同じようにカメラを買うときには、複数台チェックすることで、見えてくる部分もあります。1台だけでは気がつかない事も気づくかもしれません。

細かいチェックのポイントとしては、ボディの底面を見てみます。カメラは使用すると、置いておくことも多くなり、そのために底面に傷が付きやすいです。底面は、店頭の展示だけでは見えない部分であり、手にとって見ないと見えません。底面に傷が多いカメラほど、長く使われたという証拠にもなります。いくらランクの高いカメラでも、底面の傷が多いと避けた方が無難かもしれません。

もう1つ見るべきポイントとしては、電源スイッチを見ます。使用するときは、電源スイッチを入れるので、スイッチの状態もチェックしましょう。電源スイッチの外装が一部はげているようなカメラは、使用頻度が高いと見て良いでしょう。もう1つバッテリーを入れる場所も見てみましょう。バッテリーケースは破損していないか、バッテリーの状態はどうかなども見ます。使用するときは、バッテリーは必須となるので、その状態もチェックしましょう。