高く売るために


レンズ買取りをしてもらうならば、いくつかポイントがあります。まずは、外観の状態で価値が変わってくるので、普段から使用するときは、丁寧に扱い、汚れなどを付けないようにします。使用後は拭いて綺麗にして、レンズも手垢や汚れが付きやすいので、目の細かい布などで拭くようにしましょう。あまりにも汚れが酷いようなデジタルカメラは、ほとんど値が付きません。

付属品も査定には大きく関係し、買ったときと同じ状態で売るようにします。これにはレンズカバーやバッテリーなどの付属品の他に、箱もあった方が良いです。付属品も綺麗な状態で保つようにして、箱も汚れや折れなどがない方が良いです。ただ箱に関しては、お店によって、なくても査定に響かないところもあります。特に付属品では、バッテリーなど、使用に必須のものが紛失しているとなれば、大幅な減額に繋がります。

売る時期としては、出来るだけ早いほうが買取価格は高いです。発売とともにカメラの価値は下がっていき、カメラの後継モデルが出ると、一気に価値は下がります。新しいモデルが出る前に売った方が、高く買い取ってもらえます。売る方法としては、買取りの他に、下取りがあります。もしも新しいカメラを買うとするならば、買取りよりも下取りに出した方がお得です。